読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくオレ日記。

生き方模索中。ネタや雑念など、すきなように述べていいですか。

就職倍率は気にせず「前提」に配慮して就活してみてはいかが

f:id:bokuore:20151110213152j:plain

 

11月。この時期の就活模様はサマザマな気がします。

・内定式を済ませて遊んでいる人
無い内定のままで焦っている人
・来年の就職活動に向け準備中の人

いろいろと混在している時期です。内定がもらえている人であっても、希望する会社でなかったりして、あまり乗り気でない人もいそうです。
正直、そんな状態の人を生む就活はバカバカしいです。でも、納得のできる会社に受かりさえすれば、そんな気持ちにもならず、次に進めることも事実。こんな意味のないところで、つまづいて欲しくないです。

僕は就職倍率の高いらしい会社に勤めているので、OB訪問を受ける事もしばしばあるのですが、基本的にはこの点で皆さん悩んでいて、僕は割とこう思います。

Q:どうやったら内定もらえますか?
A:内定に必要な行動をとれば大丈夫です。倍率は関係ない気がします。

「絵筆を用意して、あとはフェルメールのように描いてください」と教えられた気持ちになったかもしれません。でも、本当にコレを忘れてしまう人が多いんです。企業研究をしている時。エントリーシートを書いている時。面接で受け答えをしている時。自分なりに、

  • 内定に必要な要素はなにか?
  • これだけ伝えれば受かる。むしろ受からないほうがおかしい。

という「前提」を想像力をフルに使用して考え、常にそれに沿っているかを考えるのは非常に重要です。そして、沿っていない要素は省いてください。例えば、

「適切に会社の求める社員像を把握し、自分の持つ経験や要素、考え方を、それに沿ってアピールすれば内定がとれるはず」

と仮定したのであれば、その前提を忘れずに各種行動を進めてみてはいかがでしょう。

例:情報収集

どうすれば適切な社員像を把握できるか。HPを読んでも陳腐な回答しか得られないからOB訪問かな。社員像を掴むための質問や目線を用意したほうがいいただその人が適切な社員像ではないかもしれないし、何回やっても精度が高まるかはわからない。
ということは、OB訪問やイベントで会社の課題図書をこっそり教えてもらえれば、他の学生と差別化を図りつつ、会社の求める社員像が適切にわかるのでは?

例:面接・エントリーシート

情報収集を通してアピールするべきポイントが見えてきたかも。要点がわかったら、「求める社員像だと伝える」前提に沿って自分を表現するぞ。
ESを見返すと、サークルの一幕や学科の研究内容のエピソードを述べていたけど、省いたり、違うエピソードを持ってきた方がよさそう。全てが前提に沿い、内定につながる情報か、と考えて精査してみよう。

あくまでも例ですが、こういった流れで自分なりに仮定を持ち、正しく努力することで、内定の精度を高めることができると思います。嘘をつくということではありません。努力の方向性を間違えないでほしいな、と考えての提案です。
他にも例えば、努力論で「面接の問答を100通り考えて、適切な答えを用意すればそりゃ受かるよ」と思うなら、そうすればいいと思います。

「思う通りアピールして理解してほしい」「内定を取ることだけ考えたくない」も正しいと思います。ただ就職活動は「就職する」という明確な最終目標が存在しております。
馬鹿らしいと思っても、上手く乗り切った方が自分が生きやすそうなら、迷走したり、徒労に終わらないためにも内定を取るための前提を頭に入れておいて損はない気がします。

もちろん、僕の時もそうでしたが、運にも左右されます。正しい前提を持てるとは限らず、繰り返し見直しが必要になるとも思います。

でも、自分の将来をデザインできるよい機会です。

 やらない理由は特にないと思います。