ぼくオレ日記。

生き方模索中。ネタや雑念など、すきなように述べていいですか。

日常の気づきを入れる「器」を用意して世界を増やす

f:id:bokuore:20151110214111j:plain

( ・_・) < なにをいっているんだ。

日常生活の中。じつに多くの出来事・情報であふれているとおもいます。
なかなか追いつくのが大変。
僕は、普段自分の浴びる情報、発生する感情については、「器」にいれることが大事だと思っています。

「器」とは、ようするに考え方・捉え方です。流れ落ち、見逃し、忘れてしまうことを防ぐために使用します。

秋晴れで気持ちいいなあ、という感情が起こったら、例えば

  • ブログのネタという器

に入れてみます。そうすると、その時感じて終わりだったはずなのに、人によってはこれで記事が書けそうな気がしてくると思います。また、器はひとつである必要はありません。

  • ブログのネタという器
  • 小説の書き出しという器
  • 悲劇的イベントという器
  • 論文作成という器
  • 社会現象という器
  • 子供のころだったらという器

同時にポイポイいれちゃってください。儚い思考や感情なんかもポイポイ。

その器に入れたら、どういうことになるか。適切な器に入れられているか。そういった解釈や検証はあとでもよいと思います。一つの器でピンと来なければ、他の器の検証を進めれば良いです。

これをすることで、ぼやけていた情報が、自分にとってこんな意味になる、とハッキリしてくる。結構面白い化学反応を起こしてくれたりします。目の前の情報・イベントが幾通りの解釈にもつながって、世界がその通り増えると思うのです。

小説を書いている人。ブログを書いている人。この話題に共感してくれる人はけっこういるかもしれません。でも難しいんですよね。。

見えている世界が違う、と思う人がいるとしたら、情報を入れている器が違う可能性が大きいです。
創作に当てはめると、キャラクターはどんな器をもっているか、というアプローチで人物像を明確に設定できるかもしれません。

「ふーむなるほど」という人がいたら、試してみてください。