読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくオレ日記。

生き方模索中。ネタや雑念など、すきなように述べていいですか。

就活では「私は〜ができる」と自己アピールしないほうがよい

f:id:bokuore:20151110222938j:plain

面接やエントリーシート。自己アピールはどうすればいいのか。就職活動1年生、社会人マイナス1年生にはよくわからないと思います。ただ個人的には、

就活生「〜という経験をしました。結果、私は相手側の視点を忘れず、誰とでもお互い自然に会話できる姿勢を身につけることができました」

といった「私は〜ができます」というだけの自己アピールはよくないとおもいます。あくまで一個人の意見ですが、以下の理由であまりオススメできません。

・それができることで結局どうなりたいかを伝え忘れがち
・学生の経験や能力なんてたかが知れている
・本当にすごいことができていても、これができている!という言い切り型では、より高い到達点を目指す向上心をアピールできない
・↑をクリアしても、能力アピールの語りは、謙虚のなさ・誇張を思わせるかも

どちらかというと、自己アピールのタイミングでは、「**ができるようになりたい。そのためにこんな努力をしている」と行動理念をアピールすることを念頭に置く方が良いと思います。具体的にテンプレート化するなら、

「〜という人間でありたいと思っている。そのために、〜(姿勢・コツ・能力)が必要だと考えている。それを身につけるために、〜という行動を今まで経験してきた。これからもより大きな場所、高度な環境(御社)でその取り組みを繰り返していきたい」

はいかがでしょう。
華麗な能力やエピソードにアタマを使い、表層の自分を述べるより、深い自分の価値観を提示できるのではないでしょうか。そちらを突き詰めて話す方が、よっぽど面白い話ができますし、自分にとっても、就活に関係なく、自分の行動指針を見直し、再確認する有意義な時間の使い方になるとおもいます。

あくまで個人的な意見です。共感した部分があれば、うまく使ってくださいね。

がんばれ就活生。