ぼくオレ日記。

生き方模索中。ネタや雑念など、すきなように述べていいですか。

「妖怪ウォッチGO」だったら

f:id:bokuore:20160727101838j:plain

ポケモンGOが面白い

案の定流れにのってポケモンGOをプレイしております。7/22のリリースから2週間程経過し、現時点でレベルは17、捕まえたポケモンの数は65匹。Ingressに乗り遅れてしまっていたので、位置情報ゲームをようやくプレイすることができました。

エンタメは何をするにも売れるかどうかは博打です。が、ゲーム性とコンテンツ力が相乗効果を持って、高いハードル順当に超えられたのだと思います。

実際の街を歩きながら、スマホのカメラ越しにポケモンを見つけ、捕まえる。「ポケモンジム」となった場所を育てたポケモンで奪い合う。

運動の効果はそれほど期待していませんが、外出、寄り道をしたくなるという点で、定型気味のライフスタイルに変化が出た点はよかったです。プレイするユーザーが街中で視覚化されやすいため風景の変化も面白く、またお互い妙な一体感を感じることもあります。

「眠くなるまで歩く」という経験をした人もいるのではないでしょうか。さすがにそこまではしないですよねはい僕です。

 

ポケモンより妖怪ウォッチの方がコンセプトはあっている?

と楽しくプレイしている状態ですが、ふと思ったのが妖怪ウォッチの方がコンセプトが合致しているのでは」ということ。

・現実世界に出現するキャラクターを見つける

・デバイス越しにそれを発見する

というのが、まさに妖怪ウォッチのそれだからです。設定は以下の通り。

妖怪ウォッチ
ウィスパーが主人公に渡した時計型アイテム。男の子主人公(ケータ)の場合は腕時計型になっているが、女の子主人公(フミちゃん)の場合はペンダントのように首からさげる懐中時計型になっている。レーダーで付近に潜む妖怪の位置とランクを測定し、フタの部分の妖怪レンズを通して見て、普段見えない妖怪を探し出し分析することにより妖怪を発見できる。妖怪ウォッチ - Wikipedia

版権元のレベルファイブはちょっと悔しい思いをしているのではないかな、と思いました。もちろん、ポケモンという世界に通用するコンテンツ力がNiantecというパートナーを獲得し、またヒットに繋がったと思います。妖怪ウォッチも海外に進出しているとはポケモンには敵いません。

しかし、日本ではやや勢いが落ち着きあるものの、妖怪ウォッチポケモンレベルでヒットしています。日本限定だったらどうか? 同様の位置情報ゲームが出たらどうなったか、と考えてもみました。

答えは簡単です。

プレイしません。

続きを読む

ブログに書くことがないときにどうしたか

 

f:id:bokuore:20160721075321j:plain

 

このところブログを更新していなかったので、久方ぶりに行おうと考えております。

近頃、みなさんいかがおすごしでしょうか。よい感じでしょうか。 

 

意気込みいっぱいの僕に関して言えば、

 

「ブログを更新しようとしたが書くことが特におもいつかず、かといって『ブログに書く内容がない』ということでさえ過去の記事にすでに書かれている状態であるため、非常に困っている」 

 

といった状況です。そしてたった今、 

 

「ブログを更新しようとしたがに書くことが特におもいつかず、かといって『ブログに書く内容がない』ということでさえ過去の記事にすでに書かれている状態であるため、非常に困っている、ということを書けばよいのではないか」

 

という状況になっています。そしておそらく 、

 

「ブログを更新しようとしたが記事に書くことが特におもいつかず、かといって『ブログに書く内容がない』ということでさえ過去の記事にすでに書かれている状態であるため、非常に困っている、ということを書けばよいのではないか。でも多分よくない」

 

という状況になるでしょう。そしてかなりの確率で 

 

「まあいいや」 

 

といった結論に達し、記事を書き終える予定です。しかし最終的には 

 

「すいませんでした」 

 

といった気持ちになり、最後にその一文を加えることになると思います。 

 

 

 

はい。 

 


すいませんでした。

 

bokuore.hatenablog.com

 

【なら瑠璃絵】2月に夜の奈良公園を楽しむイベントをご紹介。

f:id:bokuore:20160212094925j:plain

 

2/11は祝日。「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」というイベントがあったので、奈良に遊びに行ってきました。割とよかったので皆さんにも共有。

「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」とは

回廊(廻廊)とは寺社仏閣の建物や中庭を囲む廊下のことです。
文字のとおり境内を「廻る」ための道です。
そして「しあわせ」とは、手のひら(しわ)と手のひら(しわ)を合わせること。
古来日本人は、畏れ敬うものに対して自然と手を合わせてきました。
(中略)
「しあわせ回廊なら瑠璃絵」は、早春のこの時期に夜間特別拝観を実施頂く、
春日大社興福寺東大寺という奈良を代表する三社寺を幻想的な光の道でつなぎ
美しい瑠璃絵の世界に皆様を誘(いざな)います。
それぞれの社寺で手を合わせて頂くことで、心が洗われ、しあわせが訪れることを、
そしてその小さな祈りの数々が大きな平和の祈りとなって世界に届くように、
瑠璃色の星がいつまでも美しく輝くように、そんな願いを込めて実施いたします。

しあわせ回廊 なら瑠璃絵 公式サイト

なら瑠璃絵とは、東大寺春日大社興福寺のあるの観光のメインエリア(奈良公園)をLED等の照明でライトアップして演出するイベントです。徒歩圏内のいくつかのポイントにオブジェやイルミネーション、映像の投影等がおこなわれており、夜の静かな奈良公園を散策し、楽しむ事ができます。

会場は近鉄奈良駅から歩いてすぐ。年に一回開催で、今年は 2/8〜2/14の期間で開催されます。

しみじみ。おごそか。夜の奈良。

記事冒頭の写真が一番のメイン会場の写真なのですが、天の川をイメージしたこのエリアでは、¥500で遊歩道に沿って景色を楽しんだり、自分のお願いごと書いた短冊を飾ったりできます。

全体的に、季節に合った青や白の彩りが古都の町を染めて、修学旅行で昼間に見たような景色とは又違った雰囲気を感じさせます。夜に興福寺五重塔をみたり、東大寺の敷地内を歩くと、日常感が薄まってなかなかの趣。昔の人は、こんな風に夜見上げていたのかなあ、と思ってみたり。

東大寺も大仏殿の中までは公開されていないですが、大仏の顔は拝めるように窓は開け放たれています。敷地内では以下のような霧に投影したプロジェクションマッピングが行われており、霧のモクモク具合も相まってなかなかおごそか。

f:id:bokuore:20160212101553j:plain

冬の寒さを感じながら、移り変わる映像を眺め、音楽に耳をすませるのも、しみじみして良いのではないでしょうか。寒くなったら会場で販売されているココアを飲んでしまいましょう。

f:id:bokuore:20160212102411j:plain

東大寺を守る仁王像。こちらは口を閉じて「うん」となっているので吽行(うんぎょう)。夜に見ると一層こわい。

他にもちらほらオブジェがあったり、出店があったり。いろいろ楽しむことができます。

イベント後の食事

僕はおでんが食べたかったので「蔵」というおでんやさんに向かいました。

tabelog.com

「コ」の字になったカウンターがおでんが煮えているのを取り囲む、というかなり和風なお店でしたが、何を食べても美味しい人気店。こちらも興福寺からあるいて10分ほど、会場から徒歩圏内にあります。女性でも一人でも気軽に入れるよいお店です。このお店があるエリアは「奈良町」と呼ばれており、昼はカフェや小物等のショップがたくさん並び、夜も雰囲気のいいバーやお店が多いです。

町家が立ち並ぶので景観もよく、イベントの前後はこちらをあるいてみてはいかがでしょう。

www.naramachiinfo.jp

さいごに

奈良公園が一面ライトアップ! というわけではないですが、昼とは又違った夜の奈良を散策し、たのしむきっかけとなるよいイベントです。イベントがなくても十分楽しめるエリアだなと改めて感じましたが、県外からの観光だと中々いく機会作るタイミングがわかりませんよね。気が向いたら情報まとめてみようかなあ。

一人でそぞろ歩くもよし、家族やカップルで雰囲気を味わうもよし。興味のある方は是非どうぞ。

rurie.jp